子供の食物アレルギーが治るまでを書き綴るブログページです。牛乳(乳製品全般)と大豆のアレルギーを克服したい母親です。|②1回目の経口負荷試験とそれから

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク

予約から初診まで3ヶ月、さらに経口負荷試験まで1ヶ月かかりましたが、ようやく乳製品アレルギーの治療に前進することができました。

 

あくまで私ごとで、一概にこうだということではありませんが、

幼い子供の食物アレルギーが心配な方に読んでいただけたら幸いです。

子供の食物アレルギーが治るまでを書き綴るブログページです。牛乳(乳製品全般)と大豆のアレルギーを克服したい母親です。|①食物アレルギーの経口負荷試験に至るまで
たぬき離乳食をスタートしてしばらくすると、乳製品と大豆製品にアレルギーを発症した息子を持つ母親です。当初、胃腸が発達すると治ると言われたけど、不安のなかで離乳食を進めてきました。右往曲折しながら、1歳5ヶ月でやっと正しい治...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いよいよ治療スタート|初診は問診と採血、次回の経口負荷試験の説明(1歳5ヶ月)

1歳5ヶ月の頃、ようやく待ちに待った予約した受信の日を迎えました。

初診は、主に今までアレルギー発症したことがある食品についての問診でした。

待機中に、一般的な初診表に加えて、いつ、何を食べて、どれくらいの量で、どんな症状が出たのかなどを問診票に書きました。

正直、動きたがる子供を連れて、その場でたくさん書き込まなきゃいけないのは大変でした。

事前に、宿題でいただけていたら自宅でじっくり書けるのにと、予め準備できていなかったことを後悔しました。

お医者さんにみていただく際には、以前の血液検査結果の紙を見せながら、これまでの経緯を説明しました。

それから、改めて、血液検査のために採血を行いました。

そして、次回受信の予約をとって、経口負荷試験の説明を受けました。

最後に、経口負荷試験当日に持参する、プロペトとアレルギー反応を起こした際の頓服薬の処方箋を持って近くの薬局に向かいました。

スポンサーリンク

1ヶ月後、いよいよ経口負荷試験(1回目)|1gのヨーグルト(1歳6ヶ月)

前回、処方された薬とヨーグルト、スプーンを持って行きました。

経口負荷試験の前に、お医者さんに問診です。

経口負荷試験を行うにあたって心配なことなどを聞きました。

というのも、前日の夕ご飯で、乳製品ではない既に食べたことがある食品でアレルギーの症状が出てしまい、アレルギーを抑える薬を服用するということが起こっていたからです。

この件をお医者さんに相談した結果、今日、このまま経口負荷試験をしても問題ないという判断になりました。

それから、口にするヨーグルトの量を決めたのですが、わずか1gからのスタートとなりました。

専用の部屋に入って、ヨーグルトを1g測って息子に食べさせました。

待合室に戻って、アレルギー反応を起こさないか見守ります。

1時間後、再度、お医者さんに息子を見ていただき、アレルギー反応を起こしてないことを確認しました。

スポンサーリンク

1ヶ月後の経口負荷試験まで行うこと

それから、1ヶ月後の2回目の経口負荷試験までは、1g未満のヨーグルトを週3回、体調の良い日に食べさせるように指示を受けて終了しました。

この日以降、3日1回、午前中にヨーグルトを食べさせていますが、今のところ問題は起きていません。

ちなみに、食べさせているヨーグルトはダノンビオのプレーンヨーグルト砂糖不使用です。

ずっと同じ銘柄のヨーグルトが良いということなので、これからずっとこのヨーグルトにお世話になっていこうと思います。

プレーンヨーグルト・砂糖不使用|ダノンビオ
アレルギー克服のために選んだヨーグルトは「ダノンビオ プレーンヨーグルト(砂糖不使用)」

アレルギーが良くなりますように。

続く・・・

子供の食物アレルギーが治るまでを書き綴るブログページです。牛乳(乳製品全般)と大豆のアレルギーを克服したい母親です。|①食物アレルギーの経口負荷試験に至るまで
たぬき離乳食をスタートしてしばらくすると、乳製品と大豆製品にアレルギーを発症した息子を持つ母親です。当初、胃腸が発達すると治ると言われたけど、不安のなかで離乳食を進めてきました。右往曲折しながら、1歳5ヶ月でやっと正しい治...
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
たぬきのママブログ
タイトルとURLをコピーしました