iPadやiPhoneにチャイルドロックをかける方法。特定のアプリで遊ばせたいのに他のアプリへ移動してしまう悩み。赤ちゃんや子供への他のアプリで遊ばせない・画面操作させない。アプリを固定する方法の健忘録です。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たぬき
たぬき

知育アプリや動画アプリを子供に見せたくて、自分のiPhoneやiPadを子供に貸すことがありました。

しかし、少し目を離すと他のアプリに切り替わってしまっていたり、アプリが閉じてしまったりで中断したりしていました。

「他のアプリに横断させたくない」

「このアプリだけで遊んでほしい」

という思いから、iPadやiPhoneのチャイルドロックのような機能を調べて、設定しました。

これはその健忘録です。同じ悩みを持つアップルユーザーの子育てママのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのチャイルドロック設定/解除方法

iPhoneとiPadどちらもチャイルドロック(アクセスガイド)の設定はほぼ同様でした。

事前準備|「アクセスガイドをオンにする」

  1. 「設定アプリ」を開く
  2. 「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」を開く
  3. 「アクセスガイド」をオンに設定変更する
  4. 「パスコード設定」をタップする
  5. 「アクセスガイドのパスコードを設定」をタップする
  6. 「Face ID」をオンに設定する   以上

アクセスガイドのパスコードを設定とFace IDをオンは、解除する際に使用されます。

チャイルドロックの使用方法|設定したアプリ以外は操作できなくなる

  1. 子供に遊ばせるアプリ画面にする
  2. iPhone本体右側の「電源ボタン」を3回連続で押す
  3. 右上「開始」をタップする 以上

これで、設定したアプリ以外は使用できなくなります。

さらに、アプリの画面操作もできないようにしたい場合は、オプションで設定することができます。

チャイルドロックの解除方法

  • Face IDを使用する場合は、iPhone本体右側の「電源ボタン」を2回連続で押す
  • パスコードを使用する場合は、iPhone本体右側の「電源ボタン」を3回連続で押し、パスコードを入力する

間違ったパスコードを入力すると、10秒間画面の操作できなくなり、ロック解除できなくなります。

スポンサーリンク

オプション設定①|特定のエリアの画面操作を無効にすることもできる

アクセスガイドでチャイルドロックを開始しても、そのアプリの画面操作をすることができるので、そのアプリ内でも

チャイルドロックする前や途中で、画面操作を無効にしたい特定エリアを指でなぞって指定することもできます。

例えば、

  • アプリは使用してOKだけど、ホームや設定ボタンは触れなくしたい
  • 課金防止など触れてほしくないエリアがある場合
  • ある部分だけ画面操作を無効に など
スポンサーリンク

オプション設定②|左下の「オプション」ボタンで時間制限や全画面無効化やサイドボタン無効化など詳細設定もできる

左下の「オプション」で様々な設定も可能

サイドボタン

サイドの電源ボタンを使えなくできます。

ボリュームボタン

勝手に音量を上げたりするのを防止できます。

動作

iPhoneを振ったり、背面をタップすることで発生してしまう動作を無効にできます。

私は背面を2回タップするとスクリーンショットを撮影するように設定しているのでその防止に役立っています。

キーボード

キーボードの操作を不能にします。

タッチ

画面全面に触れても、タッチを無効化します。YouTubeなどの動画視聴に役立ちます。

時間制限

1分からタイマーを設定できます。制限時間に達すると、アプリの操作ができなくなります。

スポンサーリンク

iPadのチャイルドロック(アクセスガイド)の設置や使用方法はiPhoneとほぼ同様でした。

iPadのチャイルドロック(アクセスガイド)の設定方法や使用方法、詳細設定もiPhoneとほとんど一緒でした。

違うところは、iPadはiPhoneと電源ボタンの位置が違うので、その表示くらいです。

タイトルとURLをコピーしました