コニー・スモルビ・ビョルン・エルゴ・モンベルの抱っこ紐を使いました。1歳までにお世話になったベビーキャリアのメリット・デメリットについて紹介します。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たぬき
たぬき

早いもので息子が生まれてはや一年が経ちます。

繊細くんの息子は、抱っこ魔で抱っこ紐は欠かせないアイテムになりました。

なんと、この1年でお世話になった抱っこ紐は、5つに上ります。

  • Konny コニー
  • SMORbi スモルビ
  • Ergobaby OMNI360 エルゴベビー オムニ360
  • BABY BJORN ONE KAI Air  ベビービョルン ワンカイエアー
  • mont-bell モンベルポケッタブル ベビーキャリア

息子11ヶ月、体重8.5kg

使ってみてわかった、メリットやデメリットについてお話しします。

抱っこ紐を探している方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【全然使えず】Konny コニー|ぐっすり&オシャレなセカンド抱っこ紐

コニー抱っこ紐 (Konny)

Amazon|コニー抱っこ紐 (Konny)

◯メリット:新生児から使える!簡単&オシャレ&寝かしつけに◎

出産前から抱っこ紐を探していて、レビューも高評価だったコニーの抱っこ紐でした。

里帰りからの帰宅に抱っこ紐が必要だった私は、新生児から使えるとういうことで、ファースト抱っこ紐の予定でした。

絶対使いたい!と、出産前に購入し、意気込んでいた抱っこ紐でしたが、私や息子との相性が悪く、試着の数回でメルカリに出品することになりました。

×デメリット:サイズ選びが難しい

コニーの最大のデメリットがサイズがワンサイズであることだと思います。シンプルにこれに失敗すると即座に終了です。また、産後にダイエットを考えている場合であれば、どんどんサイズが合わなくなるかと思います。

私は、体重管理、サイズ選びに失敗したものの諦めきれず、その後、スモルビを購入しましたが、使うほど馴染んで生地は伸びますし、母子ともにサイズが変わるので、けサイズ調整が出来ないということは、結局は長く使えなかったかなと思います。

スポンサーリンク

【生後2ヶ月〜9ヶ月】SMORbi スモルビ|サイズ調整ができるコニー!兼用可能

生後2ヶ月頃から、自宅や外出用のセカンド抱っこ紐として使いました。自宅では、7ヶ月頃におんぶをするようになって、9ヶ月頃の外出では動きが激しくなって不安定になってきたので卒業しました。

◯メリット1:サイズの調整ができる!長く使える!!

コニーは、購入してサイズを間違えたら即終了。体型が変わったら終了。子供が大きくなってサイズが合わなくなったら終了・・・と、とにかくワンサイズという点がデメリットでした。そのサイズ感の弱点を克服できるというところがスモルビのメリットです。

また、ヘッドサポートパッドも付属できるので、その点もコニーよりも安心材料になるかもしれません。

◯メリット2:軽い!コンパクトでセカンド抱っこ紐にはピッタリ!

自宅での抱っこでのあやしはもちろん、外出時のセカンド抱っこ紐として大活躍しました。

とにかくかさばらないのが、大きなメリットだと思います。また、立派な抱っこ紐だと装着してアウターを着ると、肩周りがごっつくなってしまいますが、そんなこともありません。

また、紐ではなくて、布で広い面で支えるので、肩が痛くなることもなくよかったです。

ショールのような感じで抱っこ紐っぽくなくて、外出にもよかったです。

×デメリット1:生後1ヶ月では使えず終い。足の開きが大きすぎた・・・

里帰りから戻る、生後1ヶ月の頃は残念ながら使えませんでした。

理由は、息子の股関節の開きにどうも合わなかったようなのです。なので、里帰り先の実家から、自宅に帰る旅路には使うことができず、他の抱っこ紐も試し、結局、借りたベビービョルンをその旅路では使用しました。

これは、スモルビだけでなく、エルゴでもダメでした。赤ちゃんが、抱っこ紐に入れてしばらくするとグズったのです。また、新生児用の抱っこ方法だと長時間の移動には心もとなくて断念しました。

その後、いろいろ調べてみた結果、息子の成長具合にはM字開脚の角度が広すぎてしまったことがわかりました。

×デメリット2:腕を上げられない!家事には不向き

このレビューは、多いですが、腕を上げると肩の布がずれます。その為、家事をしながらには不向きな抱っこ紐です。

また、アウターを着る際にも、アーム部分が細身なものだと腕を通そうとするとズレやすいのでご注意ください。

×デメリット3:体重20kgまでは使わない・・・8.5kgで使用限界に

赤ちゃんの体重や大きさに限界が来たというわけではなく、装着しやすい分簡易な作りに、赤ちゃんの活発な動きが加わり不安定になって来てしまったことが原因でした。

どんどん赤ちゃんが活発になってきて、体重20kgまで使用できるということでしたが、9ヶ月8.5kgでついにスモルビを卒業することにしました。

近所にベビーカーで出掛けてグズった際にかなりお世話になっていましたが、大きくなって動く赤ちゃんが、斜めになってしまったりと抱き心地が悪くなってしまったので、モンベルのポケッタブルベビーキャリアに移行しました。

それでも、スモルビは他の人におすすめしたいベビーグッズの一つです。

スポンサーリンク

【生後1ヶ月〜現在】BABY BJORN ONE KAI Air  ベビービョルン ワンカイエアー|おんぶするならこの抱っこ紐!

生後1ヶ月の里帰りから戻る直前から、現在進行形で使用しています。エルゴとベビービョルン両方使ってみて、ベビービョルン派になりました。

一人目だったので、まさか、おんぶをして家事をするように追い込まれるとは思いませんでしたので、ビョルン様様です。

◯メリット1:生後1ヶ月の赤ちゃんの足の開きに優しかった

前述しましたが、スモルビを購入時にぶち当たった壁が、息子との相性の悪さでした。その後、お下がりでいただいたエルゴもダメで、さらに、ベビービョルンを借りてチャレンジしたところ、このベビービョルンのONE KAI Airは息子との相性がバッチリだったことから、ベビービョルンをメインの抱っこ紐としての購入に至りました。

後日、この原因を調べたところ、生まれて間もない赤ちゃんの足は、まだ広い角度でM字開脚ができないようだったのです。そんな中でも、一番赤ちゃんのM字開脚に優しい角度で抱っこできるのがベビービョルンだったようです。

ちなみに、生後2ヶ月以降では、エルゴもスモルビもグズる事なく使えるようになりました。

子育て未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
たぬきのママブログ
タイトルとURLをコピーしました