離乳食を食べない・・・進まない・・・赤ちゃんがごはんを食べるようになるまでの工夫したことの記録ブログ記事です。|①5ヶ月〜1歳半まで

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たぬき
たぬき

私は息子の離乳食にとても苦戦し、

育児が途中ストレスフルになってしまいました。

 

離乳食を食べない・・・食物アレルギー・・・

食べるようになったと思ったら、また食べない日々・・・

 

周りにいる赤ちゃんはみんな食べる子ばかりで、

落ち込むこともたくさんありました。

 

私なりに工夫をしながら、進めています。

ちょっと気が楽になったのは1歳も過ぎてからのことです。

 

離乳食は私にとって戦いの連続すぎました・・・

「みんなどうしてるの?」でググったりしていました。

 

どうやったら離乳食を食べるようになるのか健忘録のような感じで書きました。

私のように悩んでいる方の目に止まれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5ヶ月 離乳食スタート!

バンボに座らせて、生後5カ月を迎えた月初めに始めました。

離乳食を始めるにあたって、赤ちゃんが起きているときにご飯を目の前で食べて、離乳食に興味を持ってもらえるようにしました。

10倍がゆは、食べてくれますが、野菜は全然だめでした。

初めての食材は、身震いしてました。

そして、お口に合わなかった食材は二口目を全然食べてくれません。

アプリ「ステップ離乳食」の「離乳食スケジュール」に従って

初めての子育てで、離乳食の献立に困らないように使っていたのが、カラダノートのアプリ「ステップ離乳食」でした。

何をどれくらいあげればいいのかや、食べた食材をチェックすることができます。

思えば、スケジュールに沿った食材を試すだけの日々で、食べたことのある食材は増える一方、食べれる食材は一向に増えませんでした。

 

スポンサーリンク

6ヶ月頃 毎回ギャン泣き&離乳食に集中してくれない

離乳食の時間が嫌いになってしまったのか、というより、「離乳食よりおっぱいをちょうだい!」という感じで毎回ギャン泣きします。

一度授乳して、朝寝した後、ご機嫌を整えてから離乳食を始めるようにしました。

しかし、離乳食を始めてもお食事エプロンで遊んでしまって全然スームーズに進みません。

お食事エプロンをハムハム・・・ベビービョルン「スモールベビースタイ」で解決!

それまでのお食事エプロンは、とても柔らかい素材のものを使っていました。

でも、お食事エプロンをハムハムしてしまって離乳食に興味を持ってくれず悩んでいました。

そこで、YouTubeで拝見したアヤトくんも使っていたベビービョルン「スモールベビースタイ」を購入しました!

程よく硬くて、小さいのでハムハム出来ず、お食事エプロンで遊ぶことはなくなりました。

これは購入してよかったベビーグッズの一つです!

手づかみ食べをしない子だったので、1歳くらいまでスモールベビースタイにお世話になりました!

スポンサーリンク

7ヶ月頃 乳製品アレルギーと大豆アレルギーが発覚

パン粥に挑戦したところ、なんと乳製品アレルギーを発症してしまいました。

完全母乳育ちの赤ちゃんにはあるあるのようで、ミルクと混合にできなかったことをとても後悔した出来事でした。

そして、続けて大豆アレルギーも発覚しました。

乳製品がダメになったので、代替品として豆乳ヨーグルトにしたところ発症してしまいました。

唯一、良く食べてくれていた豆腐もだめになってしまいました。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
たぬきのママブログ
タイトルとURLをコピーしました