「 百花繚乱シリーズ 」一覧

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第4話

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第4話

前回までの「第1話」「第2話」「第3話」の続き))イメージは、女形の役者さんだろうか。梅沢富美男さんもステージでは女性と見紛うほどの艶っぽい仕草だが、普通にテレビで拝見すると男のほかない。》その3 話し方 オネエさまたちはある種の業界用語的な「オネエ言葉」という文化を持っている。女の同性から見ても普段滅多に使わないような特殊なものもあるけれど、そういうネタのような言葉ではなくてもっと常用的な言葉にスポットを当てたい。

◆とある強く不運で泥臭いキャリアウーマンの人生ドラマ「私という運命について」

◆とある強く不運で泥臭いキャリアウーマンの人生ドラマ「私という運命について」

◾️女に生まれてよかった???◾️「女に生まれてよかったーどうもキャリアウーマン」です。そんな言葉が耳馴染みして久しくない。「女に生まれてよかったー」と思う瞬間は果たしてどれくらいこの人生の瞬間にあるのだろう。女という武器が通用するのはあと一体どれくらいだろう。…◾️とある強く 不運で 泥臭いキャリアウーマン の人生ドラマ◾️同期で最も優秀だろうと言われた「亜紀」(永作博美)は、商社マンといえどもホステスのように接待接待と思い描いてたキャリアウーマンには程遠い。 恋人である「佐藤」(江口洋介)はキャリアウーマンになりたい夢が勝って袖にした。

Translate »