「 モチベーション 」一覧

◆AI時代になった時の妄想 

◆AI時代になった時の妄想 

◾️違和感なく馴染み始めた新しいお供「Siri」◾️Siriちゃんてすごく便利だ。「今日の天気は?」って聞けば今日の天候の変化を教えてくれるから、忙しい外出前にテレビの天気予報を見逃してしまっても安心だ。備えあれば憂いなし。昔は、こんなにiPhoneが便利になるなんて思ってなかったし、ましてやほんの10年前くらいまでは「スマホって何?」と新しいツールの登場に少しと戸惑い躊躇していたような気がする。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第7話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第7話 

(旋回までの続き)◾️どん底を耐え抜いたのは「不屈の精神」ではない◾️ここが林真理子さんのゆるさの好きなところ。普通、「絶対負けてたまるか!」と、仕事のプロの流儀でよく語られそうな「情熱」「パッション」をあげられそうなものですが、林真理子さんの場合はそうじゃなった。

◆100円でやる気スイッチをオンにする 第2話

◆100円でやる気スイッチをオンにする 第2話

第1話の続き))◾️おみくじをポジティブ変換 ポイントは、大吉だの小吉だの、凶だのランクに左右されない様に言葉よ読み解くことだ。特に明治神宮は大吉や吉などの区別が元々なく、光沢感のある和紙に歴代の天皇陛下や皇后陛下のお言葉(大御心)を綴ってある。例えば、以前仕事やら恋愛やら何もかもうまくいっていなく気分が停滞気味の時にこちらのお言葉を頂いた。

◆100円でやる気スイッチをオンにする 第1話

◆100円でやる気スイッチをオンにする 第1話

◾️ついつい凹み気味は刺激が欲しい印//「なんだかやる気が出ない。」「これからどうしようか。」「これでいいのだろうか。」沸々と湧き上がってくる不安や悩み事は誰にでもあるだろう。そんな時、誰かにポンと背中を押してもらえたら少し気持ちが切り替わることがある。不安だけではない。理由もなく元気の出ない時はないだろうか。ちょっとした心のガス欠状態。恋愛だと倦怠期がそうかも知れない。特に原因はないのになんだかうまくいってないような気がする。慣れてきた仕事もなんだかマンネリ化。何か新しい刺激があったら一歩新しい世界に踏み出せるのに。

Translate »