「 オススメしたい本 」一覧

◆空気を読むのに疲れたいい人へ「凪のお暇(なぎのおいとま)」/◇1月2日のピアス・イヤリング「ミッツ」

◆空気を読むのに疲れたいい人へ「凪のお暇(なぎのおいとま)」/◇1月2日のピアス・イヤリング「ミッツ」

おすすめマンガ「凪のお暇」のレビュー。凪:「空気は読むものじゃなくて、吸って吐くものものだ」人生のリセット。 28歳、無職。「凪のお暇(なぎのおいとま)」に共感する。 東京、三軒茶屋に住む一見キラキラ女子。 空気を読みすぎて、経理仕事をこなすアラサー女子「なぎ」、冴えない独身28歳。 空気を読んで、女子会ランチ。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第6話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第6話 

(第1話」「第2話」「第3話」「第4話」「第5話」の続き)◾️最初の会社で人生最大のどん底時代◾️私のイメージでは、仕事ができる能力の高い人はどこの世界、会社にいても成功するというセオリーがある。容量のいい人、器用な人は世渡りがうまい。不器用な人や同僚上司との人間関係に難がある人も逆にしかりである。持って生まれた潜在的なセンスというのか、これを後天的に身に付けるのは容易ではない。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第1話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第1話 

◾️ベストセラー作家の「野心のすすめ」との出会い◾️【シンデレラストーリーの成功者の表紙】林真理子さんの著書「野心のすすめ」を読んだことはあるだろうか?非常に腹立たしい本である。この本を最初に手に取ったのは数年前、2013年のことである。故郷の母から支援物資とともに送られてきた一冊。帯にはこうあった。

Translate »