作品の写真をクリックして頂くと作品の詳細ページをご覧いただけます

◆大人で粋なプチプラ文房具ギフト「色彩雫mini」2100円 第1話

8月1日のハンドメイドなアニバーサリーアクセサリーはこちら。エスニックなゴールドリボンがくるりくるりと輝くフラッグ ピアス・イアリング。

■Anniv.))8月1日 ピアス・イアリング■露草色 #異国情緒シリーズ by たぬき(たぬウィンストン/TanuWinston)

広告



ちょいと変化球な大人女子ギフト

長年の友達にあげる化粧品はもう飽きた人へ

女子から女子へのプレゼントの定番といえば化粧品
中でも、口紅やグロスは色が選びやすく新色も度々登場する。
そのため、「この新色〇〇ちゃんに似合うと思って♪」とメッセージを添えてプレゼントしやすいアイテムである。

しかしながら、長年の友人に毎年リップとはいかないもので…しかも、選ぶこちら側としてマンネリ化しやすくなるのが玉にキズ。
(私自身、お化粧のポイントは唇を重視するタイプなので大変嬉しく大好き!!)
そんな時に同じ価格帯でオトナ女子らしい、少し変化球なギフトとしてのご紹介。

アイテムを紹介する前にかなり長めな前置きが続きますが、それだけオススメしたいというお愛嬌でお願いします。

老若男女にぴったりな文房具ギフトはいかがでしょうか?

今回、オススメしたいのは文房具
もちろん、このIT時代故の好き嫌いニーズの有無ははあるけれども、文房具は男性に対しても使える優良アイテム

しかも、年と重ねるたびに愛着をもち、極めてゆくような素敵なダンディなおじさまへの粋なギフトとしてもぴったりなので、百貨店や「itoya」などの大手文房具店にお立ち寄りの際は是非チェックして見て欲しい

字が綺麗な人に万年筆を

今時、万年筆を使っている人てどれくらいいるのだろう。
便利な世の中故に疎遠になりつつあるアイテムの一つだが、胸ポケットから万年筆がするりと出てくるとかっこいい
ボールペンや普通のインクペンにない擦れなどの深い味わいは、年を取ってからハマる人も多いのではないかと思う。

かくいう私も、ドラマ「ツバキ文具店」を見ていささか文房具にこだわりたくなった一人なのだけど、便箋や書くものにまで心遣いが感じられる手紙はとても感慨深く、受取手としては嬉しいものである。

http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

今時、学生時代でもなくなったし、友達の字を見ることすら稀な機会になったように思うが、ふとした瞬間にペンを取った友達の字が美しいとはっとするものだ。
幾つになっても、字が美しいというのは気持ちがよく、特にその人との見た目とのギャップなんかがあったりしたらもうノックダウンである。

そんな友人を見つけてしまったら「あなたの字が大好きだから」とプレゼントするのも素敵。
頂戴する方も、プレゼントに加えて褒められるというおまけ付きで、喜びやあなたに対する印象もひとしおではないか。

字は人となりを表すというからこそ

手紙が疎遠になった今日この頃だけど、学生時代、特に私の時代はまだスマホどころか携帯すら十分に普及していなかったものだから、よく授業中に友人に手紙を書いたものである。
恋愛相談から部活の先輩の愚痴まで用途は多岐に渡るのだけども、手紙を見ると手紙を書いてくれてくれた子の背景が見えてきたりするのも面白かった。

次回に続く…

Translate »