「 ▽理想の子育て術-CHILD CARE- 」一覧

◆子供服のお下がりについてポジティブ変換/◇1月3日のピアス・イアリング「りえ」

◆子供服のお下がりについてポジティブ変換/◇1月3日のピアス・イアリング「りえ」

子供服おさがりの劣等感 幼い頃、着ている服がほぼお下がりだった。 姉は、新しいのを買ってもらえるのに、私はお古ばかり。親戚や近所の人がくれたお下がりも沢山。しかも、それを姉が来ない消去法で私に回ってくる。これをポジテブ変換する。

◆AI時代になった時の妄想 

◆AI時代になった時の妄想 

◾️違和感なく馴染み始めた新しいお供「Siri」◾️Siriちゃんてすごく便利だ。「今日の天気は?」って聞けば今日の天候の変化を教えてくれるから、忙しい外出前にテレビの天気予報を見逃してしまっても安心だ。備えあれば憂いなし。昔は、こんなにiPhoneが便利になるなんて思ってなかったし、ましてやほんの10年前くらいまでは「スマホって何?」と新しいツールの登場に少しと戸惑い躊躇していたような気がする。

◆理想の子育て論のエピローグ 後編

◆理想の子育て論のエピローグ 後編

(前回の続き)◾️理想の子育て論/あくまで理想ではあるけれどそういった日常の中でかいつまんでいくことののできる理想の子育て論を書き綴っていきたい。先輩ママの子育て術は特に参考にしていきたい。同じ青春時代を過ごしてきたはずの友達がママになってみせる所作の素晴らしさには圧巻される。「いつ野間にそんなことできるようになったの?」と驚くべき成長ぶりにいつのまにか置いてけぼりの気分になるほど、「子育て」って人を成長させるんだなと驚かされる。母は強し。

◆理想の子育て論のエピローグ 前編

◆理想の子育て論のエピローグ 前編

◾️理想の夫婦と「三つ子の魂百まで」/友人が良き母をしているのを見て横で自分も母になった時のことを妄想してみたりする。おしゃべりできるようになった我が子と自分は一体何を話すのだろうと。もし、女の子だったらきっとプリンセスシリーズに夢中になるに違いない。例えば、寝る前に絵本の読み聞かせをしてたりして、「私もお姫様になりたい。お母さんは?」を聞かれたら、「私の王子様はお父さんなのよ」というのが夢である。とてもじゃないけど歯の浮くような話である。でもかなり真剣にその質問にはそう答えようと思っている。

Translate »