「 7月 」一覧

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第6話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第6話 

(第1話」「第2話」「第3話」「第4話」「第5話」の続き)◾️最初の会社で人生最大のどん底時代◾️私のイメージでは、仕事ができる能力の高い人はどこの世界、会社にいても成功するというセオリーがある。容量のいい人、器用な人は世渡りがうまい。不器用な人や同僚上司との人間関係に難がある人も逆にしかりである。持って生まれた潜在的なセンスというのか、これを後天的に身に付けるのは容易ではない。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第1話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第1話 

◾️ベストセラー作家の「野心のすすめ」との出会い◾️【シンデレラストーリーの成功者の表紙】林真理子さんの著書「野心のすすめ」を読んだことはあるだろうか?非常に腹立たしい本である。この本を最初に手に取ったのは数年前、2013年のことである。故郷の母から支援物資とともに送られてきた一冊。帯にはこうあった。

◆銀座/フランス料理「ICONIC」byメトロミニッツ7月号

◆銀座/フランス料理「ICONIC」byメトロミニッツ7月号

メトロミニッツ7月号を拝読して行きたくなったお店をスクラップ。◾️フランス料理 ICONIC(アイコニック◾️立地◎銀座ベルビア館9F6月23日に「銀座ロフト」がオープシした銀座ベルビア館のダイニング。営業時間 ランチ/11:30〜13:30 ディナー/17:30〜20:30【南仏料理を駆使した美しい現代フレンチ】金魚鉢に見立てたガラスの器に、アンチョビやシェーブルチーズが入ったジャガイモのピューレから藻のようにアグレッティ(イタリアのオカヒジキ)が生え、グリルした魚介がスイカとトマトのガスパッチョが泳ぐ美しき1皿

◆愛煙家女子におすすめ!銀座東急プラザの目の前の昭和な喫茶店「BRIDGE」

◆愛煙家女子におすすめ!銀座東急プラザの目の前の昭和な喫茶店「BRIDGE」

◾️お気に入りの銀座/有楽町の昭和な喫茶店◾️【全席喫煙◎お一人様憩いの場「BRIDGE(ブリッジ)」】「BRIDGE(ブリッジ)」は1958年創業の銀座にもう60年近く佇む古き良き喫茶店。60年と言うと団塊世代かとおじさまに心くすぶる喫茶店だけども、店内は結構女性のお一人様も目立つカフェだ。平日は、営業の外回りをしているであろう愛煙家女子が多く見受けられる。もちろん、読書を楽しむご年配の紳士もいて肩を張らずにくつろげる銀座のオアシスだと言える。禁煙ブームの中、全席喫煙のこの古き良き喫茶店に女性客が多いのが不思議ではあるが、最近はかなりテレビで取り上げられて話題のようで先日も嵐さんの番組でメロンパンケーキが取り上げられていたことも要因だろう。

◆理想の子育て論のエピローグ 後編

◆理想の子育て論のエピローグ 後編

(前回の続き)◾️理想の子育て論/あくまで理想ではあるけれどそういった日常の中でかいつまんでいくことののできる理想の子育て論を書き綴っていきたい。先輩ママの子育て術は特に参考にしていきたい。同じ青春時代を過ごしてきたはずの友達がママになってみせる所作の素晴らしさには圧巻される。「いつ野間にそんなことできるようになったの?」と驚くべき成長ぶりにいつのまにか置いてけぼりの気分になるほど、「子育て」って人を成長させるんだなと驚かされる。母は強し。

◆理想の子育て論のエピローグ 前編

◆理想の子育て論のエピローグ 前編

◾️理想の夫婦と「三つ子の魂百まで」/友人が良き母をしているのを見て横で自分も母になった時のことを妄想してみたりする。おしゃべりできるようになった我が子と自分は一体何を話すのだろうと。もし、女の子だったらきっとプリンセスシリーズに夢中になるに違いない。例えば、寝る前に絵本の読み聞かせをしてたりして、「私もお姫様になりたい。お母さんは?」を聞かれたら、「私の王子様はお父さんなのよ」というのが夢である。とてもじゃないけど歯の浮くような話である。でもかなり真剣にその質問にはそう答えようと思っている。

Translate »