「 セルフプロデュース 」一覧

◆理不尽な女子の人生 映画「愛する人」

◆理不尽な女子の人生 映画「愛する人」

11月11日のハンドメイドなアニバーサリーアクセサリーはこちら。◼️全女子にオススメしたい映画「愛する人」◼️様々な女性の織りなすヒューマンラブストーリー。女性ならどこかに共感できるポイントがある見所の多い作品。こんな感じでダダダダダダダ・・・初恋に破れた女性。毎日を淡々と介護に生きる女性。娘の未来を案じてしょうがない過保護な母。男性に苦手意識をもつ女性。…◼️愛が女を変えてゆく「What's LOVE?」◼️母親とは何か◼️あらすじ◼️解説

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第4話

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第4話

前回までの「第1話」「第2話」「第3話」の続き))イメージは、女形の役者さんだろうか。梅沢富美男さんもステージでは女性と見紛うほどの艶っぽい仕草だが、普通にテレビで拝見すると男のほかない。》その3 話し方 オネエさまたちはある種の業界用語的な「オネエ言葉」という文化を持っている。女の同性から見ても普段滅多に使わないような特殊なものもあるけれど、そういうネタのような言葉ではなくてもっと常用的な言葉にスポットを当てたい。

◆とある強く不運で泥臭いキャリアウーマンの人生ドラマ「私という運命について」

◆とある強く不運で泥臭いキャリアウーマンの人生ドラマ「私という運命について」

◾️女に生まれてよかった???◾️「女に生まれてよかったーどうもキャリアウーマン」です。そんな言葉が耳馴染みして久しくない。「女に生まれてよかったー」と思う瞬間は果たしてどれくらいこの人生の瞬間にあるのだろう。女という武器が通用するのはあと一体どれくらいだろう。…◾️とある強く 不運で 泥臭いキャリアウーマン の人生ドラマ◾️同期で最も優秀だろうと言われた「亜紀」(永作博美)は、商社マンといえどもホステスのように接待接待と思い描いてたキャリアウーマンには程遠い。 恋人である「佐藤」(江口洋介)はキャリアウーマンになりたい夢が勝って袖にした。

◆やる気スイッチが入らないゲリラ豪雨と体調不良 後編

◆やる気スイッチが入らないゲリラ豪雨と体調不良 後編

前編の続き))◾️ゲリラ豪雨の周りの上昇気流  理科や天気に通じている方の中では当たり前な話だと思うのだけれども、ゲリラ豪雨は「ヒートアイランド現象」という都市部のアスファルトなどの地面が熱せられて起きる現象である。温まった空気は軽くなり上空へと舞い上がる。熱せられた都市部は一時的に上昇気流を生むのだ。低気圧と同じである。低気圧は上昇気流。低気圧は気圧の低い中心部へと向かって空気が吸い寄せら気圧が下がる。気圧が下がるとは酸素が薄くなるということだ。

◆やる気スイッチが入らないゲリラ豪雨と体調不良 前編

◆やる気スイッチが入らないゲリラ豪雨と体調不良 前編

低気圧が近づくと体調が悪くなる。昔から台風の前や爆弾低気圧が近づいてくると猛烈なだるさや吐き気に襲われる。ああ、体調が悪い。自律神経のバランスが乱れている。しかし、晴れの日なのに、雨は降らない予報なのにそういった体調不良にしばしば見舞われる。最近は決まって午後の夕方前だった。暇な私は寝れない夜にググってみた。原因は「ゲリラ豪雨」だった。ゲリラ豪雨は局所的な豪雨のことであるがその発生するメカニズムをググっていると体調不良の原因が理解できた。もし、同じ悩みを持つ方がいれば共有したいと思う。

Translate »