「 オススメの本 」一覧

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第2話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第2話 

(前回「第1話」の続き)◾️この写真はルール違反に等しい◾️とりわけ表紙にはかなりのインパクトを感じる。なぜ彼女はこの昔の写真を選んだろう。白黒にショッキングピンクの女心くすぐる表紙の雰囲気にこの写真はルール違反だ。お世辞にも美人とも言えなく、お洒落でフェミニンな装いでもない、真剣な表情。簡単にいうと敢えてこのブスっとした写真を選んだのだろう。裏表紙の写真を見れば小綺麗なマダム。「なんか成功者って感じの面持ち」そんなイケてる先輩大人女子がいた。

◆女性の身体について学ぶ「女が女になること」・「オニババ化する女たち」(著/三砂ちづる)

◆女性の身体について学ぶ「女が女になること」・「オニババ化する女たち」(著/三砂ちづる)

ハンドメイドのアクセサリーを作りながらスピードラーニング。武田鉄矢さんのラジオ「朝の三枚おろし」を聴きながらせくせく手を動かしたいのだけど、生命の神秘と女性の身体のパワーに思わず手が止まってしまう内容。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第4話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第4話 

(前回「第1話」「第2話」「第3話」の続き)◾️林真理子さんの野心と毒舌と自慢話◾️【31歳で直木賞受賞とファーストクラス自慢】当たり前のだが、私は林真理子さんに大きく遅れを取っている。彼女はこの本によれば、林真理子さんは31歳で直木賞受賞し人生初のファーストクラスを経験したそうだ。また、エルメスのバーキンを買ったのは32歳で、しかも、「真っ赤な巨大バーキンなど、合わせて3つも」、その上、「ケリーバッグも一緒に」だそうだ。すごく苛立ちを感じる。焦りとも言えるだろう。私は足元にも及ばず、「尾に集る蝿」にすらなれていない。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第3話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第3話 

(前回「第1話」「第2話」の続き)◾️前のめりにならないことが美徳という幻想◾️「人に譲る」「我慢する」をいつでもどこでもお人好しに炸裂させていると他人に出し抜かれるのだ。しかし、生まれ持ったこの性格と斜に物事を眺めるだけでは人生は前進しない。自分以外の誰かがなんとかしてくれるのは少なくとも学生までだ。逆に、よく学生まで他力本願で生きてこれたものだと私の人生の幸運に感謝する他ない。

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第7話 

◆「野心のすすめ(林真理子さん著)」を拝読して覚えた苛立ち 第7話 

(旋回までの続き)◾️どん底を耐え抜いたのは「不屈の精神」ではない◾️ここが林真理子さんのゆるさの好きなところ。普通、「絶対負けてたまるか!」と、仕事のプロの流儀でよく語られそうな「情熱」「パッション」をあげられそうなものですが、林真理子さんの場合はそうじゃなった。

Translate »