「 アラサー 」一覧

◆倦怠期を乗り切る魔法の言葉

◆倦怠期を乗り切る魔法の言葉

◾️アンテナの感度がいい女子//「以心伝心」という言葉がある。文字や言葉などを媒介しなくてもお互いの心と心が通じ合っていることだ。恋愛に関しては、「信頼」と言い換えられるかもしれない。女子は時として、意味もなく疑心暗鬼に落ちることがある。特に生理前なんてのはホルモンに支配されてるのかと思うほど一喜一憂したりする。実に不便な生き物だ。

◆600円で開いた毛穴をなんとかする件 第4話

◆600円で開いた毛穴をなんとかする件 第4話

前回までの「第1話」「第2話」「第3話」の続き))◾️毛穴&角栓への効果は//クリームクレンジングと洗顔を済まして、鏡の前に戻ると少し顔色が良くなったように明るくなった感じが味わえた。化粧水を塗るての感触もなんだかもっちりしていて、心配していた毛穴に当たるザラザラ感が取れている。これには非常に驚いた。そして、基礎ケアを済ました後もなんだかいつもよりしっとりとしている。ここまでが1回目の使用後の感想。

◆600円で開いた毛穴をなんとかする件 第1話

◆600円で開いた毛穴をなんとかする件 第1話

◾️アラサー毛穴問題と勘違い//お肌の曲がり角を迎えたアラサー世代には毛穴は大問題である。ファンデのノリは悪くなるし。お鼻はいちご鼻を通り超していちご畑な気がしてきた。毛穴という耕された畑にファンデが入り込む。みっともない。今日も角栓が大豊作だ。すっぴんなるともっとひどいものでカバーしきれなくなった毛穴に嫌悪感。一生懸命メイクで少しでも20代に近づこうと努力するけど開いた毛穴が塞がらない。みっともないったらありゃしない。

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第1話

◆女を磨くために見習うべきはオネエさま 第1話

アラサー世代は厄介である。少し前まではおばさんだと思っていた年齢だけどこの歳になるとそうは思わなくなっている自分にゾッとする。少し自分より年上のお姉様を見ては人生経験が豊富なだけで若々しく自分もまだまだこれからだと歳を重ねるのが楽しみになる。 しかし、この歳になると若い時のような振る舞いはご法度だったりする。若く見られつつ、品があり、女性として魅力的、尚且つ自分の人生に満足気に振る舞う必要があるお年頃である。そう、「大人の女性」としての評価を得ることが重要なのだ。

◆東京でうまく生きている人  前編

◆東京でうまく生きている人 前編

東京という街はとても面白い街だ。昔、アメリカは「人種のサラダボウル」と習ったことがあるが東京は「人格のサラダボウル」だと思うほど多種多様な人がいる。一見、お淑やかな丸の内OL風のお姉さんが渋谷の雑多の中で「チッ」と舌打ちをして通り過ぎていく。一見、イケイケの渋谷ギャルのようなやんちゃそうな娘が電車でおばあちゃんに「どうぞ」と席を譲る。一見、うだつ上がらない感じの地味なサラリーマンのおじさんが乗り切れない満員電車にお尻からねじ込んでくる。一見、強面のおじさまがコンビニのドアを開けたまま「どうぞ」とレディーファーストしてくれる。

Translate »