作品の写真をクリックして頂くと作品の詳細ページをご覧いただけます

◆アラサー女子が注視するべきいい男がとる態度と男性の見極め

7月7日のハンドメイド アニバーサリーアクセサリーはこちら。小悪魔なつぶつぶ蛇苺のドアップをスクエアな額縁に閉じ込めたピアス/イアリング

広告



◾️理想の男性の条件「優しい」とは

理想の男性像をあげる時の条件として「優しい」「誠実」と内面の条件をあげる人も少なくないだろう。
第三者にとる態度が素の彼の本性だと言う。よく「店員さんへの対応で見極めろ」なんて言うけれどもどういう態度がベストなのだろう。
上から目線で文句をいうなんて言うのはもってのほかだけれども、うだつの上がらない感じでナヨナヨと「どうもーありがとうございます」なんてペコペコしているようじゃ男性ホルモンを感じないし、ちょうど良いバランスについて考えよう。

◾️シンプルに「ありがとう」が言えのるがいい男説

答えは、さらっと「ありがとう」とシンプルに言える人だ。無骨に無表情に言うのも悪くないが、笑顔を添えて言える人はなかなかいない。かといって、簡単にできる人は小慣れてる感じが出すぎて要注意かもしれないが、きちんと「ありがとう」が言える人に悪い人はいない
しかも、このアラサーで出会う男性はそろそろ社会人経験を積んでいる人だ。遊び盛りの年齢の人がやってのけるのはなかなかやるなと思うけれども「ありがとう」がきちんと言えると言うのは人として最低限のマナーだと思う。

◾️居酒屋で見かける横柄なおじさんはマナー違反

よく居酒屋なんかで中年の中間管理職的なおじさんが若い女性店員相手に上から目線で注文したりしているのを目にするが、きっと会社で部下の女性に対してもそう言う態度をとっているのではないかと目に浮かぶ。それか、すごくシャイなのかどっちかだ。だいたい横柄な態度をとっている人に限って、強いものには巻かれて強めな女子にはヘコヘコしていたりする。まるでカメレオンのように変えれて器用だと言えるかもしれないが。
つまり、人望に欠けている人だ。仕事ができる人望の厚い男性というのは基本的には紳士的感謝ということに関して重きを置いている人が多いように思う。
そもそもそういう人として最低限なマナーを家庭で教わらなかったのかと言いたい。シャイな反抗期ならまだしも、人生経験を積んできて 大人がしれっとマナー違反をするようでは、人格に問題があるとしか言い様がない。

◾️チェックポイントと男性の伸びしろ

そうは行ってもきちんと店員さんに「ありがとう」が言える男性はどこにでもいるもので取り繕えるようなものであるから、何度かその場面に直面してボロが出なければその男性は正解であると行っていいのではないか。例えば、よく行くコンビニや酔っ払った時に観察するのがオススメのチェックポイントだ。
きっとその男性を人生の伴侶として選んだ時に、何年経っても「ありがとう」と言って女性を満足させてくれる可能性が高いのではないだろうか。
また、今はできない男性でも自分が背中で見せたり注意してできるような学習能力の高い男性は伸び代があるだろう。是非とも、最低限そういう優しさのマナーを持ち合わせた人と人生を共にしたいものである。

最低限のボーダーラインをキープする人と人生を共にしたい たぬき

Translate »