作品の写真をクリックして頂くと作品の詳細ページをご覧いただけます

◆100円でやる気スイッチをオンにする 第1話

7月4日のハンドメイド アニバーサリーアクセサリーはこちら。グリーンのグラデーションボリューミーなふわふわダリアの大ぶりなピアス・イアリング

■Anniv.))7月4日 pi■「大志に燃え、粘り強く目標を達成」#百花繚乱シリーズ by たぬき(たぬウィンストン/TanuWinston )

広告



◾️ついつい凹み気味は刺激が欲しい印

「なんだかやる気が出ない。」「これからどうしようか。」「これでいいのだろうか。」

沸々と湧き上がってくる不安や悩み事は誰にでもあるだろう。そんな時、誰かにポンと背中を押してもらえたら少し気持ちが切り替わることがある。

不安だけではない。理由もなく元気の出ない時はないだろうか。ちょっとした心のガス欠状態。恋愛だと倦怠期がそうかも知れない。特に原因はないのになんだかうまくいってないような気がする。慣れてきた仕事もなんだかマンネリ化。何か新しい刺激があったら一歩新しい世界に踏み出せるのに

そう、私たちはいつだって少し人生のスパイスを求めている。もちろん大人だし人生が瞬時に劇的に変化することなんてそうそうないと知っているけど、いつだって新鮮な空気を吸って生きていたい

大人になったからだろうかいつからか自分に何か物足りなかったり、安定という不自由にとらわれて生きている気がする。少し前までは、進学、新しい仕事、新しい出会い、乱高下しながらも日々少しの変化という刺激があった。しかしながら、定着というかルーティーン化されてきた自分の生き方に少し本当の自分を見失いそうになる時がある

「誰かやる気をちょうだい!褒めて!やる気スイッチ押して!」

とついつい凹み気味の時にオススメしたいおみくじ」。よく、神社にあるけど通り過ぎてしまうけれども、「いやいや、初詣くらいしか引かないわ」おみくじなんて頼りにならないと思ってるあなたに共有したい。でも、ちょっと散歩の寄り道や日常のスパイスとしてプチイベント的な取り入れ方をすることをお勧めしたい

おみくじは解釈の仕方で、そのときに必要な言葉が書いてあったり、考え方を授けてくれることも多い。少し、古典で抽象的なことを書いてあるけど私の好きな作家はあちゅうさんがおっしゃてたとっておきの思考方法「ポジティブ変換」(著書「疲れた日は頑張って生きた日」)の出番だ。

もちろん、自分にプラスにするかは自分次第。ということで私はいつも都合よく神様仏様のお言葉を解釈している。そんな私のポジティブ変換に解釈したおみくじを少し紹介してみたいと思う。

◾️私のポジティブ変換おみくじ

 ポイントは、大吉だの小吉だの、凶だのランクに左右されずに言葉よ読み解くこと。特に明治神宮は大吉。小吉などの区別がない。…続く

Translate »