作品の写真をクリックして頂くと作品の詳細ページをご覧いただけます

◆やる気スイッチが入らないゲリラ豪雨と体調不良 後編

7月2日のハンドメイドのアニバーサリーアクセサリーはこちら。

季節外れの雪景色で気分転換 カナダの雪が降り積もった木々を閉じ込めたスクエアのピアス・イアリング。

■Anniv.))7月2日 er/pi■「生まれながらの心理学者」#スクラップシリーズ by たぬき(たぬウィンストン/TanuWinston )

前編の続き

広告



ゲリラ豪雨の周りの上昇気流

理科や天気に通じている方の中では当たり前な話だと思うのだけれども、

ゲリラ豪雨は「ヒートアイランド現象」という都市部のアスファルトなどの地面が熱せられて起きる現象である。温まった空気は軽くなり上空へと舞い上がる。熱せられた都市部は一時的に上昇気流を生むのだ。低気圧と同じである。低気圧は上昇気流。低気圧は気圧の低い中心部へと向かって空気が吸い寄せら気圧が下がる。気圧が下がるとは酸素が薄くなるということだ。

つまり、ゲリラ豪雨直下で体調が悪くなるのではなく。上昇気流に風が吸い寄せられるゲリラ豪雨の周辺に居合わせてしまうことで体調が悪くなってしまうのではないかということである。

これは、東京などの大都市中心部に限ったことではなく、積乱雲などの雲のできやすい郊外にも言えることではないだろうかと思う。

症状の改善方法

ゲリラ豪雨から逃げれるものなら逃げたいものだがそうはいかないもの。

自律神経の乱れによるものであれば、神経科への受診や規則正しい生活をお勧めしたいものだが、そのような時間がないという方に一時的な私が行っている改善方法を共有したい。私は、主に血行不良による緊張性頭痛や肩こり、疲労感が主な悩みである。なので、血流をよくするというところに重きを置いている。

・首や肩甲骨を意識したストレッチ足首を回したり貧乏ゆすりで冷え改善

ロイヒつぼ膏、タイガーバームなどの温湿布薬を首の付け根や肩甲骨に貼る(哀愁漂うおばあちゃんの香りに要覚悟)

・トイレに駆け込んで身体の力を抜いて脱力系ジャンプで緊張をほぐす(誰かに見られるのはスーパー恥ずかしい)

目を閉じて眼球を上下左右にゆっくり力いっぱい動かして脳の血流アップ(誰にも気づかれずにできる)

備えあれば憂いなし」という。天気は変えることはできないけど、前もって自分の体調の変化を察知することができればいくらかましになるのかなと思う

私の体は低気圧による天気の崩れだけでなくゲリラ豪雨すら予報できるようになってしまった。都会は向いてないなぁとつくづく思うのである。ゲリラ豪雨のないところへ逃げてしまえないことが残念。

なかなか周囲の人には理解されないのが厄介だけれども、ちょっとやそっとの体調不良くらいでは仕事は投げ出せないのが世の常である。今日も定時まで走り切ろう。

都会には染まりきれないと思う「働きマン」  たぬき

Translate »