作品の写真をクリックして頂くと作品の詳細ページをご覧いただけます

◆メルヘンな商店街「元住吉」のオススメギフト「宇野商店」/◇9月26日のアクセサリー「みのり」

9月26日 みのり

9月26日 さち

東急東横線「元住吉」に降り立った。「ブレーメン通り」に「オズ通り」商店街の名前にグッときた。なんとメルヘンな通り名・・・

そんな「モトスミ」で出会った素敵なものを書き連ねる。

今回は、「宇野商店」という昭和レトロな酒屋さん。

広告



隠れた名酒店「宇野酒店」

見落としちゃダメなむ昔ながらの酒屋さんの一流酒

ブレーメン通りの2本目の筋を左に曲がってすぐ。

一見、なんの変哲も無い昔ながらの酒屋さん

宇野商店のFacebook

店舗の左側には、どでかい銀色のタンク!なんだろう????

暖かくご年配な店主が迎えてくれた。

タンクの脇には「元住吉」とラベリングされた大胆な瓶が陳列されている。

おじいさんに尋ねる。

「このタンクはなんですか?」

ここでしか飲めない生酒だよ」的なこだわりを教えてくれた。

生の原酒といえば、とにかく高いがめっちゃ美味しかった記憶が残っていた。

300mlが700円とその手頃さにびっくりして、お試しな感じで一本購入することに決めた。

飲んでの感想・・・・めちゃめちゃ美味しい!!!!

甘い・・フルーティー・・・なんと表現していいかわからないが、梵「超吟」(限定で15000円程?)に遜色なかった

とにかく新鮮な日本酒であることは間違いない。

その場で店主がボトリングしてくれる超新鮮「元住吉」

私はそれ以来、ここの「元住吉」の虜だ。

今の所、これほど美味しいお酒がこれほどリーズナブルに飲めるところを私は知らない

立ち寄ると、様々な大きさのボトルが並んでいるので大きさを選ぶと

その場で店主さんがタンクから瓶一杯に注ぎ入れてくれる。

瓶が「大吟醸生原酒」で一杯になったら、今度はその場で栓をしてくれる。

特殊な機械を使ってガッチャンと密閉された製品になって行く姿を眺めるのもここを訪れる楽しみの一つになっている。

プレゼントにぴったり手書きラベルも

和紙と硯と毛筆が用意されている。

「お誕生日おめでとう」

「○○さんへ」

「感謝」

好きにボトルをコーディネートさせてくれるのも嬉しいサービス

大好きな酒屋さん。みんなに知ってほしい店主のこだわり。

宇野酒店:〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月1丁目35−40 植松ビル 1F

TEL:044-411-2768

接客をされると思わぬ出会いがあるお店が大好き たぬき

Translate »